TOP特集レポート >世界パティスリー2009/スイート・スイーツジャパン  密着レポート

世界パティスリー2009/スイート・スイーツジャパン  密着レポート
TSUMORI CHISATO×スイーツ コラボレーションのファッション
3月14日、15日に開催された「世界パティスリー2009」。そして3月13日、世界パティスリーに先駆けてスタートした「スイート・スイーツジャパン」。前夜の12日に行われたレセプションパーティーから、順を追ってレポートします。

世界パティスリーとは

世界パティスリー2009が3月14日と3月15日の2日間にわたって東京ドームシティJCBホールで開催された。
世界パティスリーは今年が初めての開催となるが、世界最高権威と評されるパティシエ世界2大大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」と「WPTC」に並ぶ、国内初・アジアを代表する大会を目指す。

第1回目となる今回は、はフランス・イタリア・アメリカ・オーストラリア・シンガポール・マレーシア・中国・日本の8ヶ国のチームが参加。
各国チームは、選手3名、味覚審査員1名、作業審査員1名の5名構成。2日間13時間をかけて、アメ細工ピエスモンテ、チョコレートピエスモンテ、皿盛デザート、アントルメ、ボンボンショコラ、ガトードボワイヤージュ、プティガトーを仕上げる。
世界パティスリー 作品

レセプションパーティー

辻口博啓シェフ
辻口博啓シェフ
『カルティエドパン 』
フレデリック・ラロさん
『カルティエドパン 』フレデリック・ラロさん
“スイーツ大使”石田純一さん
“スイーツ大使”
石田純一さん
服部幸應さん
服部幸應さん

レセプションパーティーでは、大会組織委員会理事による挨拶や、スペシャルサポーターである石田純一さんの登場、TSUMORI CHISATOのファッションにスイーツで飾り付けをした、ファッションショー「TOKYO SWEETS COLLECTION」などがお目見えした。
【11月に開催されたTOKYO SWEETS COLLECTION 2008の詳細レポートはこちら

パティシエとモデル

スイート・スイーツジャパン

ガレットノルマンド/パレ
併設イベントである、「スイート・スイーツジャパン」では、世界各国の店も出展された。中でもスイート・スイーツジャパンプロデューサーである三宅清氏が推していたのは『メゾンドビスキュイ』。フランスのノルマンディ、シェルブールに店舗がある。毎年行われるビスケットコンテストでは常に上位入賞し、2007年にグランプリに輝いている。支店も卸もしておらず、パリでもなかなか買うことができない逸品。門外不出だったここのクッキーを3年の歳月をかけて口説き落として、やっと日本初上陸になった。「ガレットノルマンド/パレ」は、厚めの生地だがしっとりしており、バターの香りが広がる。
フレデリック・ラロ氏パンの実演販売
史上最年少でM.O.F.を取得したパリのパン屋『カルティエドパン』フレデリック・ラロ氏が来日し、会期中はパンの実演販売も行われた。

このほか、パリのショコラティエ「ジャン=シャルル・ロシュー」、仏ブルターニュ地方のM.O.F.ショコラティエ「ダニエル」が限定スイーツを販売。
普段は買うことのできない海外のものや、わざわざ行かないと買えない国内のお店の味を一度に楽しめる、スイーツ好きにはこの上なく素敵な機会であった。

レポート担当:Emi

vol.2へつづく

©2009IPGP

バックナンバーはこちら

アメリカン・ナッツカフェ

メルマガ登録・解除