TOP特集レポート >TOKYO SWEETS COLLECTION 2008

TOKYO SWEETS COLLECTION 2008TOKYO SWEETS COLLECTION 2008
スイーツスイーツ×ファッション=無限大

スイーツをテーマにしたイベントで、一般人も、パティシエも皆が楽しめる、これほどまでに華やかでゴージャスなイベントがこれまでにあったでしょうか。11/8-9の2日間にわたって品川プリンス内の「クラブeX」で開催された同イベントは、スイーツとファッションのコラボレーションという日本で初めての試みを魅せてくれました。その様子をレポートいたします。

シェフ集合

開催概要

第1回を飾る今回は、世界に誇る国内有名パティシエ14名と、日本を代表するファッションデザイナー TSUMORI CHISATOとのコラボレーション。TSUMORI CHISATOの衣装にパティシエがそれぞれの想い、ファンタジー観、こだわりをスイーツにたくし衣装を飾り立てます。その衣装を着たモデルがランウェイを歩く、ファッションショー形式で楽しむ、「大人のファンタジー」です。

1.高木康政 ラ メゾン ドゥ タカギ

オリエンタル

オリエンタル

代表作のマドレーヌと砂糖でできた金のコブラを象徴的にあしらい、エキゾチックな服に合うオリエンタルな雰囲気の作品に仕上げています。

高木康政シェフオリジナルスイーツ高木康政シェフ

2.川村英樹 アテスウェイ

ヘブン

ヘブン

マリー・アントワネットをイメージした、まるでパフェのようなスイーツ・ヘアを飴、マカロン、砂糖菓子で彩り、全体をカラフルにコーディネートしています。

川村英樹シェフオリジナルスイーツ川村英樹シェフ

3.白鳥裕一 キャトーズ・ジュイエ

コンフィズリー

コンフィズリー

キャトーズ・ジュイエの人気コンフィズリーをファッションでしか表現しえないビッグサイズで創り、インパクトのある、キュートなスイーツ・ファッションにしています。

白鳥裕一シェフオリジナルスイーツ白鳥裕一シェフ

4.安食雄二

マカロン

マカロン

服の色味に合った3色のマカロンで、一味違ったマカロンの魅力をファッションに取り込んでいます。

安食雄二シェフオリジナルスイーツ安食雄二シェフ

5.辻口博啓 モンサンクレール

Tsujiguchism

Tsujiguchism

ムースなどで使うゼラチンを繊維のようにフリンジに仕立て、ワイルドな印象にしています。華やかさと、きらめきをテーマにテキスタイルから作り上げました。

辻口博啓シェフオリジナルスイーツ辻口博啓シェフ

6.朝田晋平 浦和ロイヤルパインズホテル ペストリーショップ ラ・モーラ

誰も知らない神秘の森に住む森の女王

誰も知らない神秘の森に住む森の女王

気高く、神々しい『森の女王』をテーマに森や葉っぱやぶどうのモチーフを砂糖菓子やマシュマロで表現しています。

朝田晋平シェフオリジナルスイーツ朝田晋平シェフ

7.林正明 氷川会館 パティスリー フロワベール

雅

日本の和の精神をベースに、『雅』を感じるファッションをアジアンなドレスとともにエクレアや砂糖菓子やゼラチンの花々で優雅に仕上げています。

林正明シェフオリジナルスイーツ林正明シェフ

8.高木康裕 菓子工房アントレ

水の中の散歩

水の中の散歩

全体としては水の中でまるで散歩しているかのような軽やかなイメージで、マシュマロをメイン素材とし、アラザンで光沢のある質感を演出しています。

高木康裕シェフオリジナルスイーツ高木康裕シェフ

9.鎧塚俊彦 Toshi Yoroizuka

海

『海』をイメージしたサンゴ基調に、艶のある飴でできたスフレをあしらいキラキラとした輝きを出しています。

鎧塚俊彦シェフオリジナルスイーツ鎧塚俊彦シェフ

10.大橋圭 ププリエ

KAWAII

KAWAII

クリームとフルーツを合わせたおいしそうなスイーツ素材を組み合わせ、食べてみたいKAWAIIファッションにしています。

大橋圭シェフオリジナルスイーツ大橋圭シェフ

11.神田広達 ロートンヌ

自然=ナチュール

自然=ナチュール

チョコレートをメインに使い、カラフルなマカロンやシュークリームや飴を『大自然の海』を連想させる形で仕上げています。

神田広達シェフオリジナルスイーツ神田広達シェフ

12.藤本智美・美弥 グランドハイアット東京

サキュバス

サキュバス

海の中の「サキュバス」をイメージし、鋭くも女性らしさを残したアクセサリーをすべて飴の中で創作しています。

藤本智美シェフ・美弥シェフオリジナルスイーツ藤本智美シェフ・美弥シェフ

ファッションショーを見て楽しむだけでなく、もちろんスイーツを食べることもできました。

各パティシエがこの日のためにオリジナルスイーツを用意してくれました。

またお土産にはオリジナルパッケージにて各パティシエの焼き菓子の詰め合わせもいただきました。

Tokyo Sweets Collectionの目指すものとは、東京から世界へ向けて新たなスイーツの魅力を発信するとともに、パティシエたちが世界へ羽ばたくための登竜門となるようなイベントであることだそうです。全く別の土俵であったファッションとスイーツですが、これを機にお互いがより刺激し合い、また歩み寄りながら新たな境地を見出すことを願います。

→TOKYO SWEETS COLLECTION 2008公式サイトはこちら

お土産お土産

バックナンバーはこちら

アメリカン・ナッツカフェ

メルマガ登録・解除