TOP特集レポート >秋の新栗を使った和菓子特集

秋になるとスイーツ好きは、どうもそわそわしちゃいますね。
というのも、あのほくほくおいしい栗が楽しめるから。

「菓子」という言葉は、もともとは木の実や果物のことを表していて、中でも栗はその代表格です。日本人は縄文時代から栗を栽培して食べ続けてきたほど、栗が大好きなんですよね。
レポート担当:和菓子ブロガーあずき
そして街の和菓子屋さんには、秋味の王様、栗を使った季節の和菓子が続々と登場しています。老舗の味から、ちょっとかわいい和菓子、お取り寄せの絶品など、秋の味をたっぷりご紹介します。

栗鹿の子 [とらや]

新栗の季節になると、『とらや』が世にも素敵な栗の上生菓子を作ってくれます。毎年、定番の三種「栗蒸羊羹」「栗粉餅」「栗鹿の子」のうち、今回は「栗鹿の子」をご紹介。白餡玉のまわりに、蜜漬けした栗をすき間なく付けてあって、とても豪華な一品です。店先にこの菓子が並ぶと、あぁ、今年も秋が来たんだなぁと実感できる喜びが溜まりません。

栗鹿の子

丹波栗あんよせ [銀座かずや]

今、東京の和菓子屋の中でも注目度の高い、超人気店『銀座かずや』。日本料理の職人として修行の後、和菓子作りに転じた店主の古関一哉さんが作り出す、新食感の煉り菓子はどれも絶品です。この「丹波栗あんよせ」は一見すると普通の栗蒸し羊羹風ですが、吉野葛を加えて煉りあげた餡の食感にはホントにびっくり! こしのあるクリームブリュレのような、まったりした舌触りは、これまでの和菓子にはない新鮮な個性にあふれています。

丹波栗あんよせ

あけび [文銭堂本舗]

季節の生菓子つくりに定評のある新橋の和菓子司「文銭堂本舗」。この店の秋の味といえば、山アケビをかたどった菓子「あけび」です。まんなかには甘露煮の栗が一粒ほっこり。それを粒あんと極薄のういろう生地で包み、さらに外側は紫芋の粉で色を付けた薯蕷饅頭で仕上げられています。4層の手間がかかった、美しい秋のかたちですね。

あけび

栗どら [蜂の家]

やはり秋には栗入りのどらやきが一度は食べたくなるものですよね。そこで今回選んだのは、自由が丘に本店のある『蜂の家』。看板菓子「まゆ最中」のような、かわいらしい一品がお得意で、この「栗どら」は丸く焼いたどら焼きの皮をわざわざ栗の形に型抜きし、それらしく焼き印まで押してあります。中は粒あんと砕いた蜜栗入り。プレゼントにしてもちょっとかわいい。

栗どら

冷凍栗きんとん [やまつ]

楽天グルメ大賞2年連続入賞の大人気お取り寄せ「冷凍栗きんとん」は、とにかく素材のよさが文句なしです。栗の名産地・岐阜県中津川にある老舗『やまつ』が、契約農家で取れた新栗と砂糖のみを使って、シンプルな栗餡を冷凍パックに入れて送ってくれます。これを自宅で茶巾しぼりにすれば中津川名物「栗きんとん」ができあがり。栗餡をそぼろにして餡玉につければ上生菓子風にも。秋の味を自分でアレンジできるのが楽しいですよ。

手製栗きんとん

「冷凍栗きんとん」で手製栗きんとんを作ってみました!

冷凍栗きんとん


Season’s特集は、スイーツ大好き委員会が信頼のおけるサポーターの方々に依頼し、
レポ担当として記事を書いていただいています。

アメリカン・ナッツカフェ

メルマガ登録・解除