TOP業界人インタビュー >リュードパッシー

パティシエと職人の素顔パティシエと職人の素顔 洋菓子編1 リュードパッシー

甘さを口に運ぶと思いがけなく訪れるチョコレートの大胆な香り、そしてとろりと流れるキャラメルの切ない苦さと微かな酸味。東京目黒区の名店「パティスリー リュードパッシー」の長島正樹シェフが作るフランス菓子には、さまざまな味の色合いを混じりけなく融合させた贅沢な幸福感がつまっていました。

「お菓子作りは自分自身そのもの」という長島シェフのスイーツな世界を探訪します。

[2007年2月号]

経歴&インタビュー

長島正樹さん

<長島正樹さん経歴>

1967年
神奈川県に生まれる。
1986年
調理専門学校を卒業後、成城「マルメゾン」に入る。その後、大阪や神奈川県の店で修行をする。
1991年
渡仏し、「ウラッカ」「シュヴァロ」「ル・トリアノン」「レイナルド」などで修行。
2001年
「パティスリー リュードパッシー」をオープンさせる。

パティシエになられたきっかけは?

食べることがすごく好きな人間だったので自然と。最初は料理を勉強しようという気持ちをおぼろげに抱いていた時期もあったんです。でも、確かに料理もすごく魅力的だったんですけど、僕にとってはお菓子の方がより創造性が豊かで自由度があるように感じられた。料理の場合、魚を使えば魚の料理になるんですね。お菓子は、例えばショートケーキを作るのでもバターと小麦粉というまったく違った素材を組み合わせて作る。しかもバターは四角いし、小麦粉は粉。形の異なる別々の素材を組み合わせて、まったく新しいものができるというところが魅力的でした。

長島シェフのお菓子はチョコレートやキャラメルを多用されていますが、その理由はなんでしょう?

特に意識して多く使っているつもりはなかったんですけど、気がついたらチョコレートやキャラメルがショーケースの中にいっぱいになっていた(笑)。やはりふたつとも魅力的で、大事な素材です。というのもチョコレートやキャラメルはお菓子の材料の中で苦みと酸味を持っているということなんです。たとえばキャラメルというのは苦みに代表されるんですけど、材料は砂糖。甘い砂糖をこがしてゆくと苦くなり、酸味も感じる。面白い性格ですね。

お菓子を作るとき、甘さだけだと、どうしても味が一辺倒になってしまうんですけど、甘さをちょっと抑えて軽くして...ということを抜きにしてお菓子の味わいを追求したいんです。「お菓子が甘くなくておいしい」なんて、ちょっとがっかりしますよね(笑)。甘さの中に味がしっかり構築されていないと、ただ甘ったるいだけ、重たいだけになってしまうんですけど、そこにチョコレートやキャラメルを持ってくると味がしまります。

たとえば最近、金柑を使った新作「ラ・テール」(2月いっぱいまで販売)で、グランマニエをどぼどぼつぎ込んで(笑)糖度を低く作った金柑の自家製コンポートに、コーヒー風味のチョコレートクリームを組み合わせたお菓子を作ったんですが、ひとつひとつのパーツはかなり複雑にできています。しかし複数のものを混ぜて、全体としてまったりおいしいという味ではなく、金柑なら金柑のおいしさがずばっと味わえる。やはりそれぞれの素材がちゃんと主張してインパクトのあるものになっていないと面白くないし、僕の作るお菓子は、食べ終えた時に味の余韻が残るようなものでありたいです。

日本各地、そしてフランスで修行した経験を通して得たものとは?

最初はフランスへ行くことなど全然考えていなかったんです。ただ仕事を一生懸命にやっていると、それを達成した時、次に何をやりたいのかが見えてきますよね。僕は自分がやってきたお菓子の源流がどうなっているのか、つきつめたくなってフランスへ行きました。

最初はパリでいろいろ見てまわったんですが、修行したのは本当に様々な土地です。パリの郊外も行きましたし、スペインに近いところだったり、アルプスの山の中だったり。フランスはいろんな国と国境を接していて、イタリアやスペイン、ドイツの影響があったりするんですが、それぞれの地域のものがパリに集まって昇華してパリのお菓子になる。

「リュードパッシー」という店名は、パリ16区にあるパッシー通りというところから取ったのですが、その町が僕の伝えたいフランスの色を持っていたということもあるし、また同時に様々な土地で修行をしたことを自分のお菓子として表現しているという意味でもあります。やはり自分自身の哲学がないと、自分のお菓子というものは作れないですね。たとえば本当にスタンダードなお菓子、シュー皮にクリームをおさめてフォンダンをかけるだけでも、どんなシュー皮を使うのか、どれくらい焼き込むのか、クリームはどれくらいの味の濃さに調整するのか。フォンダンなら色の濃さやかける太さですよね。そういった所に作り手の哲学が出ると思います。

おすすめ商品

  • キャラメル サレ
    キャラメル サレ

    [400円(税抜)]

    キャラメル風味のパンドジェンヌ生地にゲランド産海塩を含ませたキャラメルクリームが逸品。キャラメルの微かな苦みと酸味が、甘さの中にキレのある味わいを醸し出す。

  • エクレール ショコラ
    エクレール ショコラ

    [330円(税抜)]

    長島シェフの菓子哲学を余すことなく表現したエクレール。クリームに惜しげもなく加えられた高級チョコレートから奥深いカカオの香りが漂う。

  • 手作りキャラメル
    手作りキャラメル

    [各1個100円(税抜)]

    珍しい手作りのキャラメル。「フレーズ」「ショコラアメール」「キャフェ」「シトロン」「バニーユ」の5種類。優しい口触りの中にフレーバーの個性が光る。

お店の詳細


店鋪情報

  • TEL:03-5723-6307
  • 住所:東京都目黒区中央町2-40-8
  • アクセス: 東急東横線学芸大学駅より徒歩5分
  • 営業時間: 9:30~19:30
  • 定休日:水曜
  • MAP

アメリカン・ナッツカフェ

メルマガ登録・解除